ラバ予約にヨガマットは必要?

ホットヨガラバ(LAVA)では、ヨガマットが必須!

ラバ(LAVA)は、日本最大級のホットヨガスタジオ!

 

自宅や仕事帰りにも立ち寄りやすいので人気なんです。

 

ラバ(LAVA)では、ヨガマットが必須って本当?

 

ラバ(LAVA)のキャンペーン情報をチェック!

 

ホットヨガラバ(LAVA)ですが、2016年10月からヨガマットが必須になりました。

 

それまでは、バスタオルを敷いてレッスンしていたんですが、10月からはタオルのサービスがなくなり、ヨガマットを持参しなくてはならなくなったんです。

 

このような案内がされていました。

 

ラバ(LAVA)では、ヨガマットが必須って本当?

 

ヨガレッスンに行くたびにヨガマットを持っていくの?

 

ヨガマットは、コンパクトなものが多いといっても、仕事帰りなどに持参するのは無理ですよね。

 

 

ヨガマットにヨガウェア、タオルを持って仕事帰りに通うなんて、大荷物すぎ!

 

周りにもバレバレ!


 

でも大丈夫!

 

ですから、ホットヨガLAVAには、マットを置いておけるサービスがあるんです。

 

店舗によって違いますが、一カ月1000円ほどでヨガマット置き場を使えます。

 

これで、マットの持ち運び問題は解消!

 

ヨガウェアとタオルだけなら、そんなに大荷物にならずにすみますよね。

 

ヨガマットはどれを買えばいい?

 

ラバ(LAVA)オンラインストアで売っているヨガマットは、約145cm×61cm×3.5mm。

 

お値段は3,982円(税抜き)です。

 

このサイズは少し小さめで、楽天で売っているものの中に、このようなサイズはありませんでした。

 

でも、質問してみたところ、少し大きめでも問題はないということでした。

 

市販なら、どんな厚みのものを買えばいいの?

 

ヨガマットは、グリップ・安定性の向上や床に膝の骨や座骨などが当たるときの緩衝剤の役割をします。

 

ヨガマットの厚さは1〜15mmまであります。

 

ヨガマットはグリップ性や緩衝剤の役割をするので、静的な動きのヨガ、動的な動きのヨガによって厚みを決めましょう。

 

静的なヨガにおすすめのマットは4.5mm〜8mm

 

静敵なヨガなら、クッション性を重視しましょう

 

一箇所でのボジションが長い場合などは、クッション性のある厚みのあるヨガマットがオススメです。

 

4.5mm以下のヨガマットを使うと、骨が床に当たってしまい痛みでヨガどころではしまします。

 

6mmマットがオールマイティなマットとして一番人気なので、初心者の方は、6mmマットがオススメです!

 


 

動的なヨガにおすすめのマットは8mm〜15mm

 

厚さよりもグリップ性を重視し、汗で滑らないものがおススメです。

 

比較的値段の高いものが質がよくグリップも効いています。

 


 

カラフルなヨガマットなら、テンションもあがります!

 

「RonHerman(ロンハーマン)」は、西海岸のセレブリティな感じが漂うホットヨガウェアで人気ですが、意外にもヨガマットが素敵でした。

 

シンプルな青などの単色ヨガマットも実用的ですが、こんなにカラフルなヨガマットなら気分も違いますよね。

 


 

ラバ(LAVA)の公式サイトはこちら

 

ラバ(LAVA)のホットヨガ体験レッスン3つの注意点はこちら